スポンサーリンク
効率よくスカウトで転職を!

およそ師を誤るほど不幸なことはない より 師匠夫婦 制度

夫婦二人の手を繋ぐ写真 恋愛
夫婦二人の手を繋ぐ写真
この記事は約4分で読めます。

師匠夫婦制度?あなたには師匠と呼べる人がいますか?

 

およそ、師を誤るほど不幸なことはない。
2018年7月に、オウム真理教関連の事件で死刑判決が出ていた元幹部らの死刑が執行されたことを受けて、村上春樹さんが毎日新聞に寄稿された文章を読みました。 「胸の中の鈍いおもり」(毎日新聞)(リンク先は有料記事です) オウ…

上の記事では

「師匠にする人を選ぶ時は慎重にならないと、師匠を間違うだけで自分自身が良い人にも悪い人にもなるよ。我々はもっと師匠を選ぶ事の重要性を自覚した方が良い。
あなたは誰を師匠にするか真剣に考えた事はありますか?とはいえ最初の師匠である親は選ぶ事はできないのですが。」

というような内容を書いています。

コレを読んで
結婚生活や、彼氏彼女との生活にも関係するのかな?と



考えさせられたので文章にしてみようと思います。
師匠(尊敬出来る人)を探す基準で、恋人や結婚相手を選ぶというのも良いかも。



あなたは恋人を選ぶ際、どんな基準で考えていますか?

師匠によって何が変わるのか?

先程、最初の師匠である親は選ぶ事ができないと述べましたが
ある研究によると、細かい事をよく注意する親に育てられると


その人自身も結婚相手や子供に細かく注意するような人に成長する可能性が高いという事がわかっています。



例えば「細かすぎる!」と夫婦喧嘩になっても治す事ができないんだそう。
それは、細かく神経を使ったおかげで今まで幸せに生きてこられたと思っているからです。


自分の師匠である親がやってきた通りにしないと幸せな結婚生活が送れなくなる!
という感覚から来るらしい。



これは、大人になっても

ずっと親が人生の中で最大の師匠

である場合ではないでしょうか。



ここで喧嘩になって上手くいかないパターンとは別に
2つのパターンがあるなと。

パターン:1【何でこの両親にしてこの子供?!パターン】

たまに、細かい性格の親に育てられたのに「何でそんなにおおらかなの?」
という人がいますよね。そんな人は、師匠選びが上手な人物なのかもしれないです。


最初の師匠である「親」以外の師匠を自分で見つけ出したのでしょう。

【反面教師】という言葉がありますが、良い師匠に出会わなければ
反面教師にする基準を、学ぶ事すらできないですよね。

あ、この人の考え方素敵だな。

という人に出会えたら、

 

細か過ぎるのは良くないよね。親が絶対正しいわけではないよね。

となるのかも。

 

逆に

悪い事をした人は殺されても仕方ないよね。

と納得させられてしまったら、不幸な方向へ行くのかもしれないです。

「悪い事の定義」すら歪んで学んでしまっている。

パターン:2【あなたも尊敬する師匠だから!パターン】

個人的にはこのパターンが一番、夫婦仲で言えば良好な関係を築ける気がする。



ある意味、恋愛、結婚も「師匠選び」だと思うと上手くいくのではないでしょうか。



可愛いから、賢いから、収入が良いから
で判断する事が世の中では多いのかも知れないが
マジョリティ(多数派)が必ずしも正解とは限らないですよね。



メディアの物差しでしか計れてないとしたら、それは
メディアに洗脳されているのかもしれない
(気付かぬ内にメディアが師匠に・・・?)



師匠同士(お互いが尊敬できる相手)の恋愛や結婚が一番いいのかも。



それは何故かというと

師匠の意見に耳を傾けられる

 

師匠の喜ぶ顔が見たいと思う。

 

師匠からの指摘なら、真剣に努力する。

 

師匠が「一緒に上手くいくようにルールを作ろう」と言うならそうする。

 

師匠となら何でも乗り越えて行けそう

となるから。
むしろ尊敬じゃなく、顔の好みだけで選んで結婚数年後に結婚を後悔している状態だとしたら・・・



想像しただけでゾッとします。

でもそういう夫婦は世を見渡せば結構いるのかもしれない。

およそ、結婚相手を誤るほど不幸なことはない。

人生の中で死ぬまで一緒にいるのは、親でもない。結婚相手だ。


だから、結婚相手という名の師匠を間違えることほど不幸になる事はないかもしれない。

なので最初に
「師匠を選ぶときには慎重にならなければならない」
という文が出てきたが



「結婚相手を選ぶときには慎重にならなければならない」
ともいえるのではないでしょうか。



尊敬のない人に対して人は耳は傾けないと思うので・・・。
夫婦お互いに尊敬できる相手を結婚相手に選びましょう。

恋愛未分類
たっつーをフォローする
この記事を書いた人
たっつー

就職氷河期にサビ残120時間ブラック企業営業に新卒入社⇒未経験でホワイト企業定時退社の経理財務へ転職して10年近くのサラリーマンです。

就職や転職のアドバイスなどできるかもです。
よろしくお願します。質問あればお気軽にどうぞ^^

たっつーをフォローする
スポンサーリンク

クラウド会計主流の世の中ですね。無料なのがすごい
サビ残120時間から定時退社経理へ転身!たっつーの色んな分析

コメント

スポンサーリンク

↑今なら無料体験&10,000割引クーポン配布のお得期間中!↑